三田屋本店 やすらぎの郷 三田屋本店のこだわり
三田屋本店 やすらぎの郷 トップ三田屋本店のこだわり > 器のこだわり 三田青磁

器のこだわり 三田青磁

おもてなしの心を映す、三田青磁の器たち。

三田屋本店のレストランでお客様をお迎えするのは三田青磁と呼ばれる珍しい磁器。
青磁は1200年以上前に中国で生まれた焼きもので、その美しさは青く澄み、宝石のような色調にあります。
平安時代に日本に伝わり、当時の人々に愛されました。
日本でも焼かれるようになったのは江戸時代になってからで、摂津三田、瀬戸、肥前三河内の3カ所が主な生産地でした。
一時は日本でも一世を風靡した青磁ですが、昭和の初めに窯の火が途絶えてしまっていたものです。それを三田屋本店の創主・廣岡償治が15年の歳月をかけて夢を実現致しました。

 

幻の器・三田青磁が観られる三田青磁館三田青磁の澄んだ青は三田屋本店の心です。

三田屋本店のレストランでお客様をお迎えする器は、青磁です。1200年前に中国で生まれ、我が国でも一世を風靡しながらも衰退してしまった幻の磁器。その火を再び灯したのが、三田屋本店 創主 廣岡償治です。いま皆様の心を和ませる青磁は、限りない夢を追い求めた男の執念の賜物といえるでしょう。